漆器の「口あたり」は、キスのようだった

   

 

 

雛人形職人の望月琢矢です。

 

 

3/15、輪島キリモトさんのセミナーを聞いて感動したぼくは、

その感動を忘れまいと、早速輪島キリモトさんの漆塗りカップを買いました。

(詳しくは「デザインとはモノを便利に、使いやすくすること。」)

 

 

お値段なんと

 

約 ¥25,000!!

 

ぼくとしてはコップに費やすには勇気のいる値段でしたが、

自分で作ってても感じること。

 

工芸品は使ってみないと良さがわからない。

もっというと、生活に取り込んでみて、長年使い続けてみないとわからない。

 

と言うことで購入後、毎日使ってみてのレビューをします。

(※2週間でのレビューは時期尚早ですが、第一印象レビューとして。)

 

※購入したのは「うるう」と言う商品

輪島キリモト「うるう」

 

 

 

キスしてる感覚…

 

一口目、ぼくが即思ったのは、人とキスしてる感覚に近い!

 

口当たりの良さとはこれのことか!!

 

(キスしたことないお前にはわからないだろうけどな。へっ!)

 

イメージ的には薄唇で色白、髪色ライトブラウン・ショートボブ

短パンのきゃしゃな女の子ですw

 

 

大好きなあの子とのキスを思い出してみてください。

 

 

きっと、その時のイメージ、感覚がありありと思い出されることでしょう。

 

同じように、今こうしてブログを書いてる瞬間も、漆器ちゃんとの

キスを思い出せる。そんな感覚ですw

 

 

 

熱いコーヒーを入れてもカップが熱くならないよ!

 

冬場には熱々のコーヒーや白湯を入れて飲むことが多いです。

液体の熱でカップが触れないなんてことがない。でもほんのり暖かい。

 

軽いし、ずっと持っていたくなります。

 

手触りのよさとはこれのことか!

 

 

 

大切なものを使っている特別感

 

これが一番大事なことだし、一番のメリットだと思います。

 

普通のカップじゃなくて、自分が気に入った、大切に使うものが日常にあること。

生活に特別感が生まれて、生活が豊かになる、

とはまさしくこのことかと実感しました。

 

ご飯を食べるのも、ちょっと休憩するのも、

なんとなくウキウキするようになりました。

 

「俺は伝統工芸品を使ってるぞ!」

 

っていう優越感かもしれないですが。。。

でもこうして生活を彩るのが伝統工芸品の意義であり、

メリットですよね。

 

 

 

¥25,000は買いですか?!

 

これが一番難しい質問w

 

もちろん!

 

って即答したいところですが、自分のために、

自分の生活を豊かにするために、と¥25,000の漆器を買うのは

何かしらの後押しがないと難しいですね。

(ぼくの場合はセミナーでの輪島キリモトさんとの出会いでした。)

 

きっと、旅行先での出会いとか、生活が変わるタイミングとか、

そういった特別なタイミングで買う、特別なものですね。

 

 

 

大事な人に送りたいギフト

 

自分のために買うにはお高いかもしれないけど、

誰かにプレゼントするギフトとしては、喜んで送りたいです。

 

生活に特別感を、それも伝統工芸品を送るなんて

とってもcoolじゃないですか?

 

 

 

【関連記事】

デザインとはモノを便利に、使いやすくすること。

天然素材を選ぶべき3つの理由

The following two tabs change content below.
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。

 - ものづくり, デザイン, 文化, 職人