フラットな組織なんて存在しない。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。

 

 

上下関係が苦手な望月琢矢です。

 

 

文化系の話とは打って変わって、

個人的に思う組織の話。

 

 

「フラットな組織は存在するのか?!」

 

 

について考えます。

 

 

 

会社組織で驚いたこと

 

ぼくは大学を卒業した後、2年ほど、東京の不動産専門商社で会社員をしておりました。

 

すでに大きな組織だったので、色々なことが体系立っていましたが、

新卒社員のぼくが一番に驚いたのは、

 

「社長が平社員であるぼくに仕事関係で

云々言うことはない。」

 

ということです。

もっと言えば、直属の上司以外からの業務的なお叱りなどは皆無でした。

 

 

と、いうよりも、ぼくの代わりにぼくの上司が叱られていました。

 

 

組織においてはチームをマネージメントするマネージャーという存在が必須で、

上と下の架け橋をする大事な役目を担っています。

中間管理職というやつですね。

 

 

この中間管理職の人が上の指示を下に降ろす。

下からの意見を上に上げる。ということをしています。

 

 

ここに絶対的な上下関係が存在するのです。

 

 

 

フラットな組織を想像する

 

よく、就活なんかでも聞くのが、

 

「フラットな組織です!」

「フラットな会社です!」

 

っていうのがあります。

 

「フラットな雰囲気の会社」

はあり得ても、「フラットな組織」は存在しないでしょう。

 

というかフラットであるなら組織である必要がない。

組織とは、フラットでないこととイコールなので、

そもそも文章に矛盾があります。

 

「上に下がります。」

 

みたいなことに、ぼくには聞こえます。

 

社長の業務命令に従わない。

っていうことが通るのがフラットなので、もうチームとして崩壊してますよねw

 

 

 

家族経営でありつつ組織であること

 

弊社みたいな家族経営の会社においてはこの「組織であること」が

おろそかであることが少なくありません。

 

ぼくがこの組織の上下関係の重要性を痛感したのも、

前職の組織体系のすばらしさに気づいたのも、

組織だっていない組織に身を置いてみたからです。

 

 

 

気が乗らないから、とか、なんとなく嫌だから

という理由で仕事が進まないことが多々あるのです。

 

 

たとえ、家族であっても、友達であっても、一人であっても、

組織として何かをするのであれば、組織としてものごとを考えなくてはなりません。

 

 

自分が今、組織内のどの立場でどの仕事をしているのか、

自覚しながら自分の仕事の必要性・優先順位を決めていく。

これが大事です。

 

 

こんなことを考えながらぼくの役職を考えてみると、

 

 

新規事業部長兼商品開発部長兼商品管理部長兼システム部長兼総務部長兼マーケティング部長兼人事部長兼カスタマーサポート部長…

 

 

みたいなことになります…

 

 

 

「仕事って何してるの?」

 

っていう質問が一番困りますw

 

 

 

安心してください。仕事は楽しいです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。
この記事を書いている人 - WRITER -
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 静岡の雛工房4代目が想うこと , 2018 All Rights Reserved.