青森県 櫛引八幡宮の国宝

白糸威褄取鎧の兜

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

Price ¥ 100,000 (税別)
Size (cm) W33×D26×H20
梱包サイズ
(cm)
兜/お道具用箱×1:
W33×D26×H18
お届け日 ご注文から14営業日以内に発送
配送料 無料

 

700年前から伝わる、

今なお廃れないモダンシンプル

白を強調することで浮かび上がる

金・赤・黒の美しいコントラスト

 

飾り台・お屏風は真っ白なもの。

純白の中心に存在感を引き立たせる一番小ぶりな兜。

ところどころに配される金・赤・黒のデザインが

兜の力強さを一層引き出します。

700年前から伝わる鎧を

現代に蘇らせた作品。

 

紫・薄紫・黄・萌黄・紅糸をもって褄取りを施した
白糸の威毛は気品に満ち、全体の形姿も端正で、
南北朝時代武将の心ばえがしのばれる名品である。
現存鎧中大形の部類に属するもので、
作技も優れ、保存もよく、
南北朝時代の代表的な鎧とされている。
南部信光公が後村上天皇から拝領したものと伝えられる。
(青森県 櫛引八幡宮 WEBサイトより転載)

 

実際に青森県は櫛引八幡宮に所蔵されている、現存する鎧。

金具が少ないのに、気品に満ちた美しさは、

歴史の中で培われ、長年日本人に愛されてきたカタチ。

幸いにも現代にこれを復活させた甲冑師がいたのでした。

後ろから見ると、正面からは伺えない

色彩鮮やかな色使いが顔を見せます

順番に色糸を使って編んでいく兜製作の技が

見て取れる箇所。

糸の細かさと、隙のない連続芸が

小さな兜の中に凝縮しています。

全て1パックに収納。

桐箱に入れてお納めいたします。

メンテナンスが心配な方もご安心。

桐箱は防湿・防カビ・耐火効果があり、

保管には適切です。

飾り台に高さを出したいときは、

桐箱の上にお飾りをすることで、

お飾り台としてもご利用いただけます。

青森県 櫛引八幡宮の国宝

白糸威褄取鎧の兜

セット内容

・兜(袱紗・スタンド木付き)
・飾り台 ・屏風 ・桐箱
・人形用防虫剤(1年分) ・毛ばたき

 

Price ¥ 100,000 (税別)
Size (cm) W33×D26×H20
梱包サイズ
(cm)
兜/お道具用箱×1:
W33×D26×H18
お届け日 ご注文から14営業日以内に発送
配送料 無料