広島県 厳島神社の国宝
浅黄綾威鎧の兜

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

Price ¥ 125,455 (税別)
Size (cm) W36×D28×H21
梱包サイズ
(cm)
兜/お道具用箱×1:
W38.5×D31×H21
お届け日 ご注文から14営業日以内に発送
配送料 無料

 

鮮やかな浅黄色の糸目を映す

厳島神社の甲冑

浅黄色の糸に合わせた青色の屏風。

浅黄色をなお美しく映す白の飾り台。

 

 

空の色・海の色にも見える鮮やかな

浅黄色の糸。

通常の兜には見られない斬新なデザイン。

この鮮やかな配色を崩さないよう、

青の屏風に白の飾り台をご用意しました。

「他とは違うもの」を強調する作品となっております。

800年前の日本の甲冑技術を

代表する大鎧の兜

 

威(おどし)毛の浅黄綾と金物の鍍銀(とぎん)の色が
反映しあって,端正な形姿に壮麗な趣を加えている。
小札(こざね)は黒漆塗の精緻なもので,
鉄と革札を一枚交ぜにして浅黄綾で威している。
胴は裾搾りの傾向を示し,衝胴は五段に仕立て
大袖の七段仕立とともに壮重感があり,
「着長(きせなが)」の名に値する。
細長の鍬形(くわがた)をさす兜においても,
頂辺孔が小さく鉢の矧合(はぎあわせ)板の数は多くなり,
吹返しを急角度に強く曲げている。保存もよく
鎌倉時代中期(12世紀)の大鎧の典型的な遺品である。
(広島県教育委員会事務局 WEBサイトより転載)

 

広島県 厳島神社に所蔵されている、現存する鎧、

「浅黄綾威鎧」の兜がモチーフ。

鮮やかな糸色に負けない

吹返し(兜の左右、耳部分)の柄には、

不動明王が描かれています。

「お守り」の意味と荘厳さを強く感じさせます。

細かな糸の繋がりが一層、

刺激的な糸色の魅力を引き出す

 

細かな糸はつなぎ目が見えないほどに

丁寧かつ綿密に編み仕事がなされています。

緻密な金具ではなく、シンプルな配色と

小さな部品部品へのこだわりが見て取れる作品。

そしてその集合体としての美しいフォルムが見どころです。

全て1パックに収納。

桐箱に入れてお納めいたします。

 

メンテナンスが心配な方もご安心。

桐箱は防湿・防カビ・耐火効果があり、

保管には適切です。

桐箱の上にお飾りをすることで、

お飾り台としてご利用いただけます。

広島県 厳島神社の国宝

浅黄綾威鎧の兜

セット内容

・兜(袱紗・スタンド木付き)
・飾り台 ・兜台 ・屏風 ・桐箱
・人形用防虫剤(1年分) ・毛ばたき

 

Price ¥ 125,455 (税別)
Size (cm) W36×D28×H21
梱包サイズ
(cm)
兜/お道具用箱×1:
W38.5×D31×H21
お届け日 ご注文から14営業日以内に発送
配送料 無料