青森県 櫛引八幡宮の国宝
赤糸威鎧の兜
【菊一文字の兜】

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

Price ¥ 130,909 (税別)
Size (cm) W33×D26×H37
梱包サイズ
(cm)
兜/お道具用箱×1:
W33×D26×H18
お届け日 ご注文から14営業日以内に発送
配送料 無料

 

赤糸と菊を描く金具、その上に輝く「一」

菊一文字の兜

白色の屏風と桐の自然色を舞台に。

シンプル・質素さで語る美しさ

 

「自然」の中に生きる飾りを表現するため、

また、兜本体の美しさ・精密さだけを引き立たせるため、

人工的な柄・色はなるべく取り込まないように工夫しました。

古くから日本に伝わる鎧であることは、柄と

カタチが自ら表現してくれます。

「現代に生きる伝統の飾り」を取り入れやすくしました。

精密な菊柄の上に「一」の文字

青森県は櫛引八幡宮にて輝く。

 

大袖と兜に菊一文字の飾金物があり、
「菊一文字の鎧兜」としてあまりにも有名である。
鎌倉末期の方式になる典型的な鎧でほとんど
あますところなく装飾された菊籬金物の意匠は
精妙をきわめ、技法もまた峻勁緻密であって、
鎌倉時代金工芸術の特色を最もよく発揮している。
春日大社の「赤糸威鎧(竹に雀虎金物付)」とならんで、
装飾金物の豪華な点において現存甲胄の双璧と称される。
(南部一之宮 櫛引八幡宮 WEBサイトより転載)

 

青森県 櫛引八幡宮に所蔵されている、現存する鎧、

「赤糸威鎧」の兜を忠実に模写した作品。

およそ7~800年前に納められた奉納鎧で、

八重菊枝が金具の柄に施されている。

更に中心と左右に「一」の文字が配され、

別名「菊一文字の鎧」とも呼ばれている。

 

赤糸と黒小札が互いに強調し合う。

細かな編み糸の裾に光る細密な菊一金具。

 

手作りには難易度が非常に高い小さな兜のサイズ。

全ての部品・材料がそれぞれに極小の美しさを

しっかりと発揮しています。

「細かさ」が特徴の菊の柄は、金具が小さければ

小さいほど見ごたえのある作品に。

赤糸は細かな編み技に一見、糸が編み込まれていることに

気づかないほど。

いつまでもじっくり見続けていたくなる、

日本の工芸魂をくすぐる作品です。

全て1パックに収納。

桐箱に入れてお納めいたします。

メンテナンスが心配な方もご安心。

桐箱は防湿・防カビ・耐火効果があり、

保管には適切です。

桐箱の上にお飾りをすることで、

お飾り台としてご利用いただけます。

青森県 櫛引八幡宮の国宝
赤糸威鎧の兜
【菊一文字の兜】

セット内容

・兜(袱紗・スタンド木付き)
・屏風 ・桐箱
・人形用防虫剤(1年分) ・毛ばたき

 

Price ¥ 130,909 (税別)
Size (cm) W33×D26×H37
梱包サイズ
(cm)
兜/お道具用箱×1:
W33×D26×H18
お届け日 ご注文から14営業日以内に発送
配送料 無料