望月 琢矢

左京 四代目として、2016年に入社しました。今、そしてこれからの未来を生きる若者が見る雛文化・外国の異文化から見る日本文化を、どう魅力的なものにしていくか、これが私の仕事だと思っています。お客様に、雛人形・五月人形に対する新しいイメージを抱いていただけるよう日々活動中です。