とある絵本を読んで泣いた話

   

 

 

 

絵本は久しく読んでません。望月琢矢です。

 

 

 

実はとあるきっかけでこんな絵本に出会いました。

 

 

 

 

とりあえず、載せるので読んでみて下さい。

 

 

 

はんなちゃんとへんちくりん

↑クリックするとPDFファイルが開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこれ、左京のお客様のお話

 

 

はんなちゃんに弟が生まれて、

左京に五月人形を買いに来てくださったとあるお客様。

はんなちゃんはお雛様が好きで好きで、

毎年お雛様を飾ると人形に話しかけてるんだとか(笑)

 

おひなさまと3人で会話するはんなちゃん

 

 

 

 

そんなはんなちゃんの話で盛り上がっていると、

この絵本を届けてくれました。

 

 

 

ぼくは感動して泣いてしまいました。

 

 

 

親が子を想う気持ちはすごいです。

仕事しながら痛感しております。

 

 

 

 

この笑顔を見て、一緒に幸せな気分に浸るのもいいけど、

この笑顔を、ぼくが作っていきたい!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。

 - ひな祭り, 文化, 雛人形