中国のものづくりが凄い!

   

 

 

昨年、中国に初めて行って以来、何度も声高々に言ってますが、

日本人が抱いている中国のイメージは10年前の中国だった、

という話をします。

 

最近は中国のIT化がすごい、というニュースが出てきてますが、

やっぱりそれでも

中国を見下げる雰囲気、

中国の雑感への愛想笑い、

は正直あるよね?!

 

それはそのまま反対に

日本人であることのプライド・アイデンティティ、

日本のおもてなしを誇る気持ち、

国産商品への愛着、

として代わるものです。

愛国心があることは、

世界での自分のポジションを自覚することとして、大切だと思いますが、

盲目的になっていくことは良くない。

中国の現状を見て、そんなことを感じました。

 

中国の文化復興プロジェクトが熱い!

 

自分の携わる「ものづくり」という分野に関して言うと、

中国は現在、文化復興プロジェクトという、国を挙げての文化発展政策が行われています。

今の20代の若者はみんな、何かしら美術的・文化的なものに触れて育っているようです。

博物館・美術館も基本的には無料開放!

お金のない学生は皆、博物館・美術館へ行くのだそうです。

 

この影響で、若者を中心に、伝統工芸品・美術品に興味関心のある人が大変多い。

それと同時に、作り手になる若者も多いです。

(職人を志すと、学費・起業時など、国からの補助金も充実してる)

今回、杭州への展示日程の中で、地元の職人の方々との交流会がありました。

 

 

8割以上が、自分で好きで始めた作り手でした。

更に、交流会に出席していた中国の職人の方々の中で経済的に厳しい、

という方はいませんでした。

(恥ずかしくて言えなかったのかもしれないけど)

 

一方、日本側は、私を含めて、半分ほどが後継者。

日本のものづくりは多くが後継者によって担われています。

後継者不足が課題とされていますが、その原因は金銭的魅力と

興味関心が無いことにあります。

この違いは大きい。

 

中国の若手職人達はバリバリ自分の技術を磨いて、

これからどんどんハイレベルな商品を生み出していくんだろうな、と

そんな気迫をまじまじと感じました。

 

 

やっぱりWeChatもすごい!

 

おまけにもう1点。

WechatはfacebookとInstagramとTwitterとLINEが一つになったようなアプリ。

Wechat知らずして中国事情はわからない!

中国人は皆、外見からは伺えないセカンドライフ(ファーストライフ?)を、

SNSの中に持ってます。

中国行くなら、WeChatアカウント作って、気になった人がいたらすぐに

交換していくといいと思います。

 

“WeChat”では通じないので、”微信(ウィーシン)”と言いながら

QRコードを見せれば読み取ってくれて友達になれます。

 

WeChat上では外国語を自分の設定言語に翻訳してくれる機能があるので、

一度WeChatを交換したら以降はお互いの言語でチャットができます。

すばらしい…!!!

 

おかげでこの度、僕はたくさんの人とWeChat交換してもらえたので、

中国のぶっちゃけ事情を色々聞いていこうと思います。

 

 

 

【関連記事】

中国人に雛人形を見てもらって言われたこと

The following two tabs change content below.
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。

 - その他, イベント, 職人