5月5日についてコレだけは知っておいて欲しい

   

 

 

こんばんは。望月琢矢(@takuyamoc)です。

 

 

GWが残すところ1日になってしまいましたー!!

 

 

5月内に年1回の大きな展示会を控えてるぼくは、

むしろこのGW休暇で鬼のような事務作業をこなしてました。

 

ずっと会社に寝泊まりしてて本日やっと帰ってきたところ(ブラック

 

 

さて、そんな本日は5月5日、こどもの日です。

 

今はこどもの日として、祝日にもなっていますが、

五節句という、日本の古くからの文化的な祭日の一つです。

 

五節句とは

 

日本の古くからの文化的な日、季節の変り目の日でもあります。

 

1月7日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日

 

奇数がそろう日。元々は中国(唐時代)の文化に由来しています。

詳細は、各日を説明するだけで記事になるくらいなので、またの機会に。。。

 

さて、5月5日ってそもそもなんなのか、っていうところを今日は説明します。

 

 

 

5月5日は勝負の日!

 

 

端午の節供は菖蒲(しょうぶ)の節供とも言われています。

 

菖蒲とは

ショウブ(菖蒲、Acorus calamus)は、池、川などに生える多年生の草本で、単子葉植物の一種。APG体系ではショウブ目ショウブ科のショウブ属に属する[注釈 1][1]。ユーラシア大陸に広く分布し、日本では北海道から九州までの水辺に自生する[2]。日本を含めて東アジアのものは変種 A. calamus var. angustatusとされる。薬草、漢方薬としても用いられている。アヤメ科のハナショウブと混同されることがあるが、本種は全く別の植物である。漢名は菖蒲と書き表されるが、正しくは白菖と書き、漢方の菖蒲は小型の近縁種であるセキショウのことを指す

出典:Wikipedia「ショウブ」より(2018/5/5 21:00)

 

わかりづらいですが要は、コレです↓

 

これからの夏を迎えるにあたって、病気に備えるために、

5月5日には人々は薬草を取り、体の殺菌をしました。

 

↑の菖蒲の葉は殺菌効果がありますので、菖蒲湯や、菖蒲酒にして飲んだとか。

また菖蒲の葉を玄関に付けて邪気払いをしました。

 

 

 

と、菖蒲菖蒲と菖蒲尽くしの1日であります。

 

 

更に、菖蒲が「勝負」と同じ音であることから、

 

絶対に勝つ日!となり、

勝負するのは武士だ!

ということで、

男の祭りだ!

「男児よ!たくましく育て」という意味で、男の子のお祭りになりました。

 

 

時代的には、男は男、女は女!

みたいな思想にズレがありますが…

節句と男女観についてはまた別の機会にお話しします。

 

 

 

なぜ鎧・兜を飾るの

 

つい先日まで左京でも五月人形と称して鎧・兜を販売していました。

昨年の5月以降に誕生した男の子の誕生祝いの「初節句」が今日、5月5日になります。

 

女の子の場合は3月3日のひな祭りに向けて雛人形を、男の子の場合は5月5日に向けて鎧・兜を飾る、というのが江戸時代から続く日本の伝統文化の一つですね。

 

ひな祭りに関しては「将来の幸せを約束する、ひな祭りの過ごし方」を参考にしていただください。

 

 

古くから、菖蒲の節句には武家の家では、先祖をたたえて、

鎧や旗を飾る、ということが習慣とされていました。

 

江戸時代に、これを町人がマネしたのが始まり。

武家もそうでない家も、武者の人形を飾ったり、外には旗を揚げるようになりました。

 

旗揚げは、そのうち五色の旗になり、いつの頃からか鯉を上げるようになりました。

これが鯉のぼり。大空に水の中を泳ぐ鯉を泳がせるという、なんともイノベーティブな発想だったことでしょうね。

 

元々は、何千年も生きた鯉は、登竜門を通って登り竜になる(出世)という

中国の故事に由来しています。

 

ポケモンのコイキングが「ハネる」ことしかできないのに

レベル20になった瞬間にギャラドスに進化する、

っていうのもここに由来してます。

 

 

菖蒲の節句自体は唐時代から伝わる文化ですが、鎧・兜・鯉のぼりは江戸時代から始まったのでした。

 

武家への憧れとか、武士道への敬意が一般人の中にもあったんでしょうね。

武士の国、日本であり、武士道は武士のみならず、日本人が誇るべき生き方なんですよね。

 

 

久々の投稿で文章が硬くなっちゃったね。

基礎知識としては大事なのでぜひ覚えておいておくださいね〜

 

 

 

【関連記事】

​ 将来の幸せを約束する、ひな祭りの過ごし方

「雛人形を早くしまわないとお嫁に行けない」3つの理由

無くしたい・残したい文化があるならすべきこと

The following two tabs change content below.
静岡の雛人形工房(株式会社左京)の4代目。 1991年生まれ。静岡県静岡市出身。東京の大学在学中に留学・海外一人旅などを通じて外国から見た自分・日本を考えるようになる。 大学卒業後、2年間、東京の上場企業にて会社員を経て2016年から家業である株式会社左京に入社し雛人形制作に携わる。 海外経験のある若者代表として、これからの雛文化・伝統文化について考え、試行錯誤の日々。 日本の伝統文化が世界から評価されれば日本人は覚醒する! と信じ、静岡発の世界ブランドを作ることを目指しています。

 - ひな祭り, 五月人形, 文化, 雛人形