和の伝統色

Japanese traditional colors

 平安時代の色名は当時の法令集(格式)の一つである『延喜式』に記されています。

 そこには、それぞれの色を取り出すための染色の手順・材料の量などが具体的に記されており、そこからおおよその色を推定することができます。しかし、当時と全く同じ染料を入手することはできず、また、染色は染料の温度や発酵の度合いにも大きく左右されるため、当時の色を正確に再現することはできません。それでもわが国では有職故実の研究とともに、古代の色を求め、日々、染色研究が重ねられています。

 古代日本人の色彩の観念は中国の陰陽五行や仏教・道教などの影響を大きく受けています。奈良時代はその傾向が特に強かったのですが、平安時代になると日本独自の文化(国風文化)が栄えるようになりました。貴族や女官たちによって互いに衣服の配色の美しさが競われるなど、日本人特有の美意識が大いに開花しました。

鳥の子色 (とりのこいろ)(秋)

 「鳥の子」とは「鳥(鶏)の子(卵)」を意味します。鶏卵の殻の色に似ていることからその名がつけられました。

鈍色 (にびいろ)(冬)

 現代の「灰色」や「鼠色」に当たります。平安時代には喪の色、または出家の色とみなされていました。それが鎌倉時代以降では禅や水墨画の影響により好意的に扱われるようになり、江戸時代にはすっかり「粋な色」となり、江戸っ子の人気を集めました。

蘇芳色(春)

 蘇芳はインドを原産地とする落葉小高木で、奈良時代には伝来していました。この木の幹の芯を煎じて抽出した汁で染色します。清少納言は『枕草子』において、紅梅色は見飽きのする色だが、蘇芳色は清らかで温かい、と残しています。

唐紅色 (からくれないいろ)(春)

唐紅(からくれない)とは、紅花(べにばな)で染めた濃い紅赤色のことをいいます。紅花の花は枝の先端から順番に開花していきます。その花を染料とするためには開花後すぐに摘む必要があるため、花を末(すえ)から順番に摘んでいくことになります。そのため、別名を「末摘花(すえつむはな)」ともいいました。

紅花は中東を原産地としており、シルクロードを通り、西暦500年頃、中国が南北朝、日本が大和政権のときに伝来しました。その頃、日本は中国の南朝の国々を総じて「呉(くれ)」と呼んでいました。中国が日が「暮れ」る方角に位置しているためだといわれています。そして、紅花は「呉(くれ)から来た藍(染料の総称)」ということで、「くれのあい」と呼ばれ、さらにこれが「くれない」と変化したと考えられています。

柿色 (かきいろ)(秋)

柿の木は日本特有の果樹です。平安時代には干し柿が作られて菓子として楽しまれていました。渋柿から作られる「柿渋」という染料を用いて染め出されます。

紅梅色 (こうばいいろ)(春)

 

藍と紅花を重ね染め出しました。梅の花の色に近いことからこの名がつけられました。梅は桜とともに古くから日本人に親しまれてきた花で、奈良時代に編まれた『万葉集』には梅を題材にした歌が数多く残されています。しかし、もともと日本にあった植物ではなく、奈良時代に中国から伝えられました。中国語で梅のことを「メイ」といいますが、それが変化して「ムメイ」となり、「ウメ」となりました。
 尾形光琳の「紅梅白梅図屏風」にみられるように、慶事の紅白を表すのによく紅梅と白梅が組み合わされました。

牡丹色 (ぼたんいろ)(冬)

紅がかった紫色です。藍と紅花によって染め出されたと考えられています。牡丹は中国原産の花で、中国では富貴の象徴とされていました。

撫子色(なでしこいろ)(春)

 

やや紫みを帯びた薄赤色です。撫子の花の色からこの名がつきました。紅花で染めたと考えられています。  「撫子」とは「撫でし子」、「撫でて愛でるかわいい子」を意味します。サッカー日本女子代表の「なでしこジャパン」の名前の由来ともなっている「大和撫子」という言葉がありますが、これは中国伝来の「唐撫子(からなでしこ)」と区別するために言われ始めました。「唐撫子」と比べると「大和撫子」は色合いが控えめで清楚な雰囲気をたたえています。このことから、日本女性の清らかさや奥ゆかしさ、芯の強さを象徴する花とされるようになりました。

退紅色 (あらぞめいろ)(冬)

 

紅花を薄く染めた色です。染めが粗いこと、また、褐色が激しいことからこの色名で呼ばれていました。

桜色 (さくらいろ)(春)

現在よくみられる桜は江戸時代に交配によってつくられた「染井吉野」ですが、奈良・平安時代に「桜」といえば「山桜」を指しました。「山桜が山に一面に咲いた様子が、雪が降り積もったかと見間違えてしまいそうである」といった意味の歌も詠まれたほど、当時の桜の色は限りなく白に近い色でした。

朽葉色 (くちばいろ)(秋)

朽ちた落葉の色をいいます。鬱金(うこん)と紅花(べにばな)で染め出されました。

深支子色 (こきくちなしいろ)(秋)

「ふかきくちなし」ともいいます。支子(くちなし)の実で染めた支子色にさらに紅花(べにばな)で重ね染めをして染め出されます。

苅安色 (かりやすいろ)(秋)

苅安とはイネ科の多年草で、形はススキに似ています。かつてはいたるところに自生しており、簡単に刈り取ることができました。この茎や葉を乾かして染料としました。奈良・平安時代には庶民の色として、江戸時代後期には粋な着物として人気を集めました。

黄蘗色(きはだいろ)(春)

黄蘗とはミカン科の高木で、その幹の内皮が黄色い色をしています。これを用いて染めたため、黄蘗色という名がつきました。深みがあり、落ち着きを感じさせます。

支子色 (くちなしいろ)(秋)

支子(くちなし)の実により染色される色です。「口無し」とかけ、「いわぬ色」ともいわれました。

女郎花色 (おみなえしいろ)(夏)

女郎花は粟粒ほどの黄色の花をつけます。「女郎(おみな)」は女性の意です。なぜこのような名前になったかについては諸説あります。一つは、白米の飯を「男飯(おとこめし)」、粟の入った粟飯を「女飯(おんなめし)」といいますが、花が粟に似ていることから、「粟飯」、「女飯(おんなめし)」と呼ぶようになり、それが変化して「おみなえし」となったという説です。また、その花があまりに美しいので、まるで「女郎(おみな)」(女性)を「圧(へ)す」(圧倒する・屈服させる)ようである、という意味だという説、などです。

藍色(夏)

現代の「藍色」は藍(タデ藍)で単一染をした色をいいますが、奈良・平安時代では藍と黄蘗(きはだ)を用いて染色した緑系の色をいいました。現代の「藍色」に相当する純粋な青色はむしろ「縹色(はなだいろ)」です。

鶯色 (うぐいすいろ)(夏)

鶯(うぐいす)の羽根の色からきた名前です。藍と楊梅(やまもも)で染められます。

萌黄色 (もえぎいろ)(春)

萌黄色(もえぎいろ)とは、春先に萌え出る若葉のようなさえた黄緑色のことです。平安時代から若さを象徴するものとして、若武者の鎧の色などに愛用されました。

若竹色 (わかたけいろ)(夏)

青空に向かってまっすぐに伸びる、若い竹の幹のような爽やかな緑色です。

縹色 (はなだいろ)(夏)

鴨頭草(月草)(つきくさ)の青い花が一面に咲いた花の田を「花田(はなだ)」といい、この色名の読みはこの「花田」からきています。さらに、中国語で「青」を意味する「縹」の字を当て、「縹」と書いて「はなだ」と読むようになりました

しかし、染色には鴨頭草でなく藍のみを用い、現代の「藍色」に相当します。染料の量に応じて浅縹(あさはなだ)や深縹(ふかきはなだ)のように分けられました。「深縹」は後に「紺」と呼ばれるようになります。 古くから日本人に親しまれてきた色であり、江戸時代には「染める」といえば「藍染め」のことをいうほどでした。浮世絵画家の歌川広重も空の色にこれを用い、海外からは「ジャパンブルー」や「ヒロシゲブルー」とも呼ばれました。サッカー日本代表の「サムライブルー」もこの色です。

桔梗色 (ききょういろ)(夏)

藍と紅花(べにばな)を重ね染めして出されます。桔梗の花の色からとられた名前ですが、「桔梗色」は実際の花の色よりも青みが強くなっています。

龍胆色 (りんどういろ)(秋)

古代の人々は「紫」という色にたいして「そこはかとなく気品の高い、神秘的な色」という印象を抱いており、聖徳太子の定めた冠位十二階でも、最上位に位置づけられたのは「紫」色でした。平安時代の文学にも「紫」は数多く登場します。あの『源氏物語』からして、その別名は「紫のゆかりの物語」でした。ことほどさように、「紫」は平安時代の宮廷では色彩の王者として尊ばれていたのです。

「龍胆色」はリンドウの花の色にちなんでいます。「龍胆」の名は中国の同種の花名から取り入れたものです。中国語で「龍胆」を「ロンダン」のように発音することから、「りんどう」と呼ぶようになったといわれています。「龍胆」とは「龍の胆(きも)」という意味ですが。中国では、リンドウの根がとても苦いために、まるで「龍の胆」のようであるということで「龍胆」と名づけられました。

鳩羽色 (はとばいろ)(冬)

山鳩の背の色からこの名がつきました。鳩羽鼠(はとばねず)ともいいます。単純な鼠色ではなく、光の加減や見る角度によって微妙に変化する複雑な色でした。

藤色 (ふじいろ)(夏)

藍と紅花(べにばな)を重ね染めして出されます。明るく薄い紫色で、藤の花の色に近いことから、この名がつきました。

浅葱色 (あさぎいろ)(夏)

藍のみで染めた(単一染)薄い青色です。「浅葱」は「薄い(浅い)葱の葉の色」を指します。木綿を藍で染めると丈夫になることから、江戸時代には「浅葱木綿(あさぎもめん)」として庶民の間に広まりました。新選組のダンダラ模様の明るい青もこの浅葱色です。

 
  • 左京について
  • 会社概要
  • 作家紹介
  • スタッフ紹介
  • おひなさま
  • ■おひなさま ギャラリー
  • ■Myおひなさま
  • 五月人形
  • その他商品
  • FAQ
  • アクセス
  • Blog
  • お問い合わせ
  • Instagram