破れ菱に円唐草 – Yaburebishi ni Marukarakusa

By coccala / On

菱は、飛鳥時代から使われている紋様で、菱と菱の間の具合(やぶれ)が日本的な美しい空間づくりになっています。唐草は、図案化した蔦で、遠くエジプトからシルクロードを通り飛鳥時代に日本に入りました。途切れることのないことから永久の繁栄をあらわす模様とも言われています。

 

材質:ポリエステル100%
寸法:文庫本サイズ 約152mm(高さ) ・20mm(厚み)

料金:¥3,500(税抜)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です