向鶴に雲立涌 – Mukaizuru ni Kumotatewaku

By coccala / On

向かい鶴は、飛鳥時代や奈良時代に、貴族階級の者だけが使うことを許され、一般庶民は見ることすらできない紋様と言われていました。立涌というのは水が湧き出ることをあらわし、それが天にある雲にまで達するという吉祥紋様です。その上に千年も長生きし、夫婦仲の良い鶴を配した、あたたかくやさしい柄です。

 

材質:ポリエステル100%
寸法:文庫本サイズ 約152mm(高さ) ・20mm(厚み)

料金:¥3,500(税抜)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です